燕三条まちあるき『ちょうさんと行くラーメン探訪』            2017.10.16
先ずは参加費を(笑) ちょうさん挨拶 いざ 出発 華園さんへ 食べてみたい! 姉妹ラーメン
早く食べたいが・・・ 丸竹お婆ちゃん健在 秘話披露 秘話の主 情報交換の図 両店とも完食

燕三条まちあるきが開催されラーメンフリークとして県内にもその名を轟かす
『ちょうさん』こと理容室たかはしの高橋長一郎さんがナビゲーターを務める『ちょうさんと歩くラーメン短訪』。
この日は 東公民館に集合しその近辺の2店を巡る企画で『中国料理 華園』 『お食事処 丸竹』を味わう。
1店目の華園さんでは ラーメンが到着するまでの燗にちょうさんのフリーク(怪物)ぶりが満開
参加した15名は ちょうさんの話に釘付け。
昔は「支那そば」と呼ばれていたのが「ラーメン」と呼ばれ始めた時期は・・・・や
カップラーメンが爆発的に広まったきっかけとなった出来事は・・・など
その博学ぶりはまさに怪物の域に達しており 参加者の耳を奪った。
華園さんで提供されたラーメンは『姉妹らーめん』。
そのネーミングや なぜこのラーメンとなったかなど店主からの説明もはさみながらも
一行の端は止まること無く あっという間に完食 1時間滞在予定のところを早めに切り上げ 次の丸竹さんへ向かう。
丸竹さんまで歩く距離も一行の小腹を空かせるには丁度よい距離で 
出てきた「麻婆ラーメン」も いとも簡単に胃袋に収まってしまった。
ここでも ちょうさんのフリークトークが炸裂 インスタントラーメンを美味しく食べるための一手間や
この事実には驚かされた「麻婆ラーメンの発祥の地」が三条という秘話まで飛び出し
今回の「ラーメン探訪」も大盛況で終わりを迎えた。

ちなみに 華園さんで出された「姉妹ラーメン」の名前の由来は 
いまの『華園』の前身である『姉妹』で一番人気だったメニューを 味とスタイルをそのままに引き継いでいるとか。
いま 華園さんでは40周年の周年祭の期間中であるため 感謝の意味を込めて選んだということらしい。
また 丸竹さんで話題となった「麻婆ラーメン秘話」には 
おおいなる興味と 心の底を揺さぶるファイティングスピリットを感じた。

今回も企画いただいた燕三条まちあるき実行委員会や参加いただいた皆様に 感謝の意を込めて。