平成31年4月2日   三条飲食店組合 平成31年度定時総会

4/2 三条飲食店組合平成31年度定時総会が三条市東公民館で開催された。

開催に先がけ 30年度に亡くなられた組合員に対して黙祷が行われ 岩城組合長の挨拶で総会に入った。

挨拶の冒頭 この冬の小雪が営業にどれほどの好影響を及ぼしたかと 雪の少なかったことに感謝し

5/1から新元号が「令和」に変わることで それに伴い景気がさらに上向くことに期待すると願い

また 今年は統一地方選挙の年で 既に始まっている県議会議員選挙や

10月から始まる「消費税の軽減税率制度施行」に対する備えなど 今年も問題が山積することが予想され 

当組合も 他業界と同様昨年度8店舗が廃業脱会し 加盟はわずかに1店舗しかなかったことに触れ


益々 組合の団結の重要さ加わってきている中で 組合員の協力をお願いしたいと結んだ。

その後 組合長が議長を務め 30年度の会計報告や31年度の事業計画案や予算案が報告され

意義も提出されずスムーズに議事が進み総会が終了した。

議事が終了したのち 10月から施行される『消費税の軽減税率制度について』と題して

三条税務署を講師に招き「制度に関するQ&A」を取り入れた説明会が1時間程行われた。

組合では 軽減税率制度について今後も何回か説明会を開催することにしている。